U21 男子日本代表「ニューヨーク3ヵ国トーナメント 2018 (MEN’S JUNIOR NATIONS INVITATIONAL TOURNAMENT)」第5戦結果をお知らせします。

U21 男子日本代表は アメリカ・ニューヨーク にて アイルランドと対戦し、6-5 で勝利し、3勝 2敗 (勝ち点9) となりました。

最終戦は5月27日 21:00 (日本時間) より アメリカ と対戦します。

試合№.7 ニューヨーク 03:00 開始
日本 vs アイルランド共和国
6 - 5

試合結果

第5戦は、アイルランド戦、アイルランドのセンターパスにより第1Qが開始される。2分自陣23Mよりスクープパスを右サイド#15松本が受けサークルイン、フリーでヒットシュートを放つもGKのファインセーブにより得点できない。一方、アイルランド、4分と6分でPCを取得するもGK#1野井・DF#5藤島のファインセーブにより得点を与えない。13分#5藤島が右サイド攻撃に加わりPC取得。藤島が強烈なフリックシュートを放つもGKのファインセーブにより得点できない。アイルランドは、15分左サイド攻撃からPCを奪われるが、#1野井のファインセーブで得点を与えない。

第2Q、18分今回全ての得点を挙げているアイルランド#21DALEは、中央から右サイドにリードしてボールを受けそのままバックライン沿いに巧みなドリブルでサークル内に侵入しGKが出たところでループシュート先取点を奪われる。日本も22分センターライン付近で#16河邉が相手ボールを奪いカウンター、右45度からフリーシュートするも枠外。26分相手PC崩れからカウンター、右サイドからゴール前にセンターリングするもタッチミスにより得点できない。28分にもにもカウンター攻撃からGKと1対1の場面を作り決定的なゴールチャンスを逃す。

第3Q、アイルランド35分日本2分間退場で一人少ない状況の中、左サイドから回り込まれ2点目を献上。日本は37分右サイド#18為國がドリブルで押し上げ、そのままバックライン沿いに入り込み、ゴール前に合わせダイレクトシュートするが相手GKのファインセーブでゴールが奪えない。アイルランド、39分右サイド攻撃から左選手がパスを受けリバースヒットシュート、3点目を挙げ0-3とされる。日本はこれまで幾度も得点チャンスがありながら決定不足であったが、反撃に出る。41分右サイドから#15松本が中央へドリブルで入り込みリバースヒットシュートが決まり、ようやく1点を挙げる。42分にも右サイド攻撃を仕掛け、#15松本からゴール前へ#16河邉が押し込み2点目。

第4Qに入ってからも日本の猛攻が続く。 47分自陣23Mラインから藤島が押し上げた沖原にスクープパスが繋がりセンターリング、それを#14太田がシュート、右ポストに位置した#16が合わせ押し込み同点とする。手を緩めない日本は、48分#17川原が中央突破PSを奪い、藤島が決めて1点リードする。53分右サイドのFHから#18為國がドリブルで回り込み、ゴール前の#10高橋へパスを送る。それをプッシュシュートし5点目を挙げリードを広げる。アイルランドは、GKを下げパワー攻撃を仕掛けてきた。55分PCからフリックシュート一番騎の#5藤島が身を挺してセーブするがボールを足に当て負傷退場。引き続きPCからフリックシュートを決められ1点差となる。日本、57分センターライン付近で相手ボールを#17川原が奪いカウンター、ノーマークの川原へパスを送り誰もいないゴールへ流し込み突き放した。58分ドリブル突破しゴールし1点差。59分PCを奪うが、日本が守り切りアイルランド最終戦を初勝利で飾った。

(校閲:男子U21ヘッドコーチ 長屋恭一、記責:男子U21チームマネージャー 穴田直樹)

得点

  • 41分 FG - #15 FW 松本航 (天理大学)
  • 42分 FG - #16 FW 河邉皓星 (山梨学院大学)
  • 47分 FG - #16 FW 河邉皓星 (山梨学院大学)
  • 48分 PS - #5 DF 藤島来葵 (立命館大学)
  • 53分 FG - #10 MF 高橋洋介 (山梨学院大学)
  • 57分 FG - #16 FW 河邉皓星 (山梨学院大学)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
ページ上部へ戻る