U21 男子日本代表 「第8回 スルタンジョホールカップ (2018/ジョホールバル) 」第3戦結果をお知らせします。

U21 男子日本代表 はマレーシア・ジョホールバルにて インド と対戦し、0-1 で敗れ、2勝1敗 (勝ち点6) となりました。

第4戦は10月10日 21:35 (日本時間) より ニュージーランド と対戦します。

試合№.8 ジョホールバル 19:05 開始
日本 vs インド共和国
0 - 1

8th Sultan Of Johor Cup- 2018 (Malaysia) 第3戦の相手は、インドである。

第1Q、両チームともハーフプレスのスタイル。立ち上がりからインドペースで展開。日本陣地での攻防が続き、日本の守備が長くなるがサークル前で防ぐ。苛立つインドは両サイド・23Mライン付近からサークルへの打込みが増え、攻撃が単調になる。しかし15分インドは右サイドからドリブルでサークルインしてPCを取得するが得点するに至らない。決定的なチャンスはインドに多くおとずれたが、日本がよく凌ぎ0-0で終了。

第2Q、終始インドペースの展開となるが、日本の厳しいマークにより攻撃が思いどおりにできず、サークル内の打込みがさらに多くなる。日本はこれを防ぎ、カウンター攻撃を仕掛けるが、なかなかサークル内に進入できない状態のまま0-0で前半終了する。

第3Q、後半開始からインドは、プレスが若干高めで日本DF陣にプレッシャーを与える。33分インドは左サイドからドリブルで回り込みサークルインしPCを取得する。強烈なシュートであったが、#19GKアーノルドがファインセーブでゴールを割らせない。しかし42分インドは、右サイドからドリブルで持ち込みPCを取得する。#4MOR Mandeepがフリックシュート,豪快に決まり先取する。

第4Q、追着きたい日本。残り10分から猛攻撃に転じる。何度もサークル内に入りシュートするも相手DFに阻まれ得点できない。57分#15松本が左サイドからバックライン沿いにドリブルで切り込みPCを取得する。しかしミスでゴールチャンスを逃してしまう。インドは3連勝で勝ち点を9に伸ばした。日本は勝ち点6のままである。

(文責:U21 男子日本代表チームマネージャー 長屋恭一・校閲:U21 男子日本代表ヘッドコーチ 坂本博紀)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る