女子日本代表  ドイツ テストマッチ
試合結果のお知らせ

女子日本代表は、2014 ドイツテストマッチ (マレーシア・クアラルンプール) の第2戦で 2-3 で敗れ、2敗となりました。

試合結果

試合№.2  19:30 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
ドイツ連邦共和国
2 1 前半 1
1 後半 2
3

(前半) ドイツとのテストマッチ第2戦目は、ドイツのセンターパスにより試合が開始された。立ち上がりから両者のスピーディーなパス展開が繰り広げられる。2分、初めにチャンスを作ったのはドイツ。日本はサークルインを許し、リバースヒットを打たれるが、落ち着いてクリアをする。反撃に出る日本は6分、中盤でインターセプトをした中川が、田中とのパスでセンターを突破し、中川がヒットシュートを放つが、惜しくもゴールとはならない。得点が動いたのは13分、ドイツにPCのチャンスを与え、アゲインの2本目でTina Bachmannに右中段にドラッグシュートを決められ失点した。その後も一進一退の攻防が続く。日本の待望の1点目は21分、左サイドで新井がベースラインをドリブルで突破し、大塚へと繋げる。プッシュシュートを相手DFが弾き、そのこぼれ球を新井がダイレクトで押し込み得点を決める。29分にも日本はアウトレットからのロングボールでシュートチャンスを作るが、追加点とはならず、前半を1-1で折り返した。

(後半) ドイツに果敢に立ち向かう日本は後半1分、中盤のセンター付近からコンビネーションパスを展開し、西村がリバースヒットシュートを放つが、キーパーの好セーブにより、得点とはならない。逆に10分、ドイツに大きくサイドチェンジを許した日本は、そこからクロスボールを打たれ、PCのチャンスを与える。Tina Bachmannに左下にプッシュシュートを決められ、2失点目を許す。点の取り合いが続く20分、日本は前線で大きくリードした永井(友)に西村がスイープヒットで上手く合わせ、永井(友)が見事リバースヒットシュートを決め、同点に追いついた。勝ち越したい日本だが、28分、相手の強い押し上げによって守備ラインが低くなり、横移動が遅れた一瞬の隙をドイツにサークル付近からリバースヒットで中へ打ち込まれ、そのこぼれ球をJulia Dudorovに押し込まれた。残り5分、チーム全体で同点ゴールを目指したが、相手の堅い守りに阻まれ、そのまま点が動くことなく試合は終了し、日本は第2戦目も黒星となった。しかし、この2戦を通じて、チーム戦術・個人戦術並びに個人専門スキルを向上させることができた。残り3戦を通じてもチーム全体のレベルアップを図りたい。

※シュート数:日本- 10、ドイツ-12

※PC数:日本- 0、ドイツ- 4

※通算戦績:2戦中(2敗)

得点

  • 前半 21分 新井 麻月 FG (コカ・コーラウエストレッドスパークス)
  • 後半 20分 永井 友理 FG 

公式試合記録

試合日程

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る