女子日本代表 第17回 アジア競技大会 (2014/仁川)
試合結果のお知らせ

女子日本代表 (世界ランク=WR10位) は、アジア大会 のグループリーグ第2戦で、開催国・韓国 (WR9位) に 0-2 で敗れました。1勝1敗となり、グループB2位に後退しました。

第3戦は9月26日13:00 (日本時間) よりカザフスタン (WR33位) と対戦します。

試合結果 (日本時間)

公式記録 (英語)

試合№.W8  19:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
韓国
0 2

第17回仁川アジア競技大会の予選2戦目は世界ランキング9位の韓国との対戦である。

(1.2クォーター)日本のセンターパスにより試合は開始された。開始早々から韓国のスピード゙と勢いに押される日本はしばらく我慢のプレーが続く。動きが出たのは12分、韓国に自陣の左サイドから突破を許し、一度はGK吉川がシュートを防ぐもののそのリバウンドをKim Daraeに押し込まれ、先制点を奪われてしまう。2クォーターに入ってもなかなか流れを変えることが出来ない日本は苦しい展開が続くが、19分、PCのチャンスを獲得。及川がスラップヒットを放つが、タッチを合わせることが出来ず得点とはならない。逆に24分、韓国にPCを与えた日本はOh Sunsoonのヒットシュートが決まり、痛い2失点目となる。その後は中盤での攻防が続き、前半戦を0-2で折り返した。

(3.4クォーター)3クォーターに入り、徐々に本来の自分達のパスワーク・組織的な攻撃が繋がり始めた日本は反撃に出る。48分、右サイドで坂井からのロングパスを受けた三橋がドリブルでサークルエントリーし、プッシュシュート。ボールはわずかにゴールを外れ、得点には至らず。54分には23Mセンター付近から永井(葉)がゴール目掛けてクロスボールを放つと、そのボールに対し柴田が飛び込むもタッチ出来ず。その後も日本は優勢なゲーム展開を続けるが、ゴール前のチャンスを生かすことが出来ず無得点のまま0-2で試合は終了。予選2戦目は韓国に敗れ、日本は黒星となった。

  • シュート数:日本-5、韓国-8
  • PC 数:日本-1、韓国-3

試合記録・選評

試合日程

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る