女子日本代表 2015 韓国強化遠征
試合結果のお知らせ

女子日本代表は、2015 韓国強化遠征 (韓国・金海市) の第2戦で 2-3 で敗れ、1勝1敗となりました。

試合結果

試合№.2  15:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
韓国
2 3

今日は若手メンバー中心で試合に臨む。【1Q】試合開始4分、右サイドのパス交換により、松本から永井葉月が受け、サークル内の柴田にパス。柴田はダイレクトシュート。韓国GKセーブするが、ゴール付近にポジションを取っていた河村がリバウンドを押し込み先制点をあげる。しかし7分。韓国のカウンターからPCを取得され、ヒットシュートを決められ追いつかれる。失点後すぐさま日本は攻撃を仕掛けPCを取得。藤井ー加藤のバリエーションを見事に決めリードする。【2Q】では日本ペーストなり、21分柴田。22分河村がシュートを放つが得点に至らない。逆に27分左サイドを崩されPCを取得され、ドラッグシュートを右下に決められ、再び同点に追いつかれる。【3Q】34分にPC。36分には河村が完全なフリーでシュートするもゴールを捕らえきれずチャンスを生かすことが出来ない。40分左サイドから右にサイドチェンジされ角度の無いところからリバースシュートを決められ勝ち越しを許す。【4Q】1点を奪いに行く日本は果敢に攻め上がり、46分サークルトップフリーヒットから小野がサークル内に打ち込み、中島が反応タッチシュートをするが、韓国のGKのファインセーブに阻まれる。その後も日本がシュートチャンスをつかむが、韓国DFの必死の守備を崩すことが出来ず、2-3で敗戦する。 今日の試合では、韓国のボール支配率が高く主導権を握られる内容ではあったが、チームとして明確な対応ができず敗戦につながった。全体的には若手選手も検討したが、試合中に意思統一を図ることの重要性を再確認させられる試合であった。

  • PC 数:日本-2、韓国-3

得点

  • 4分 FG – 河村 元美 (山梨学院大学1年)
  • 8分 PG – 加藤 彰子 (コカ・コーラウエスト レッドスパークス)

試合記録・戦評

試合日程

以上

関連情報

関連記事

SOMPO CUP 女子4ヶ国いばらき国際大会

9.12 開幕! 大会特設サイト

サイト更新情報

ホッケー関連団体

FIH 女子ワールドカップ 2018

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
ページ上部へ戻る