FIH 第2回 女子ワールドリーグ セミファイナル (2015/ベルギー)
女子日本代表「さくらジャパン」試合結果のお知らせ

女子日本代表 (世界ランク=WR10位)は、ワールドリーグ セミファイナル5-6位決定戦で、インド(WR13位) に 0-1 で敗れました。

日本は、今大会6位となりました。

公式記録 (英語)

試合№.31  20:00 開始
日本 vs インド共和国
0 - 1

ワールドリーグセミファイナル、5-6位決定戦は、日本とインド(WR13)の対戦となった。

(第1クォーター) インドのセンターパスにより試合が開始される。日本は開始直後にPCを奪われるが、GK浅野が落ち着いて処理しピンチを防ぐ。インドは自陣でボールをキープしながら、日本の隙をついて前線にロングボールを入れてくる。日本は、そのボールの対応に手こずり、ペースをつかめないまま中盤の攻防が続く。それでも何とか攻め込もうとFW陣が突破を試みるがインドディフェンス陣の堅い守りに苦戦する。13分、カウンターからレフトサイドを突破されシュートされたボールをGK浅野が弾きセーブするが、そのこぼれ球を右側から走りこんできた選手にダイレクトで押し込まれ先制される。

(第2クォーター) 20分、柴田がPCを取得。このチャンスを活かしたい日本であるが、バリエーションから加藤がタッチしたボールがわずかに外れる。さらに、日本はコートを大きく使い前線に入れるチャンスを伺うが、最終の攻撃がかみ合わず決定的な場面を作れない。お互いに中盤でのパスが合わず前半を終了する。

(第3クォーター) サイドが変わり日本のセンターパスにより試合が開始される。後半はサイドチェンジからオープン攻撃を仕掛けるが、サイドに詰まった苦しい展開になり攻撃の糸口が見つからない。くり返し攻め込むが、あと一歩のところで抑えられチャンスを作れない。40分、やっとの思いで奪ったPCも決めることができない。なおも、相手コートでの試合が進むが決定打がなく最終クォーターへ。

(第4クォーター) 48分、左側のLCから中央へボールをまわし小野が打ち込んだボールを中川が弾き山本がダイレクトでシュートするが決まらない。52分、53分と連続でPCを奪うが決めれない。57分にも連続でPCを奪うがインドの堅いDFに阻まれる。59分、サークルトップFHからPCを奪うが、止まらず相手にクリアーされる。結局、日本はチャンスをものにできず0対1でインドに破れ6位で大会を終えた。

  • シュート数:日本-5、インド-2
  • PC 数:日本-8、インド-1

戦評

最終結果

  チーム 世界ランク Gr
優勝 オランダ 1位 A
準優勝 韓国 9位 A
3位 オーストラリア 2位 B
4位 ニュージーランド 4位 B
5位 インド 13位 B
6位 日本 10位 A
7位 ベルギー(ホスト国) 12位 B
8位 イタリア 16位 A
9位 ポーランド 23位 B
10位 フランス 24位 A

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る