女子日本代表「さくらジャパン」 2015
アメリカ遠征 試合結果のお知らせ

女子日本代表「さくらジャパン」は、2015 アメリカ遠征 (アメリカ・フィラデルフィア) の第2戦で 0-0 で引分けました。1分1敗となりました。

第3戦では、12月3日 (木) 9:00〜 (日本時間) より対戦します。

試合結果

試合№.2  09:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
アメリカ合衆国
0 0

(前半)Q1:アメリカのセンターパスにより試合が開始される。立ち上がりから早いペースで試合が進む。日本はアメリカのアウトレットに対し、中央にボールが入らないよう、外へコントロールしながら対応する。11分、サークル周辺のリスタートよりPCを奪われ最初のピンチを迎えるが、浅野(GK)を中心に粘り強く対応し得点を許さない。Q2:日本はセンターラインプレスから相手アウトレットをコントロールし、思うように攻撃をさせない。25分、日本は、一瞬の隙をつかれ、相手にシュートを許すが失点に至らず。29分サークルトップのFHを永井葉月(CH)が素早くリスタートし真野(RI)へパスが入ると、ライト側から突破をはかる。このプレーに相手DFが対応しきれずPCを取得する。このチャンスを決めたい日本であったが、GKに阻まれ先制点が奪えず前半終了。
(後半)Q3:後半に入ると、アメリカはコートを大きく使いながら攻撃を組み立てる。サイドチェンジからサークル内へのセンタリングに日本も組織で対応する。36分、レフト側からのFHを素早くリスタートされ、ヒヤッとする場面もあったが、ボールはゴールをそれていった。その直後、自陣の反則によりPCを奪われるがアメリカも決定力にかき得点が奪えない。逆に、38分、ライト側からのLCより、湯田(LI)が素早くリスタートしセンタリングを通す。このセンタリングを相手DFがレシーブし、こぼしたボールをサークル内で待つ、野村(LW)がシュート。これがPCとなりチャンスを迎える。このPCを確実に決めたい日本は、永井葉月よりパッサー(中島)へボール入れるが、ネットを揺らすことはできない。40分にはPCを奪われるが何とかピンチをしのいだ。Q4:49分ライト側からセンタリングを通され、ブロックに出たところをPCを奪われるが、相手の反則となる。50分、51分と連続でPCを奪われるが得点を許さない。逆にカウンターから攻撃を仕掛けていく日本もパスがつながらず得点を奪うことができない。56分、ライト側を突破され、シュートを許すが、DFのスティックに当たりピンチを防いだ。劣勢な試合展開であったが、粘り強く対応し、引き分けとなった。

試合記録・戦評

試合日程

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る