女子日本代表「さくらジャパン」 2015
アメリカ遠征 試合結果のお知らせ

女子日本代表「さくらジャパン」は、2015 アメリカ遠征 (アメリカ・フィラデルフィア) の最終戦で 0-3 で敗れました。1分3敗で終えました。

フレンドリーマッチでは、12月4日 (金) 23:00〜 (日本時間) より対戦します。

試合結果

試合№.4  09:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
アメリカ合衆国
0 3

(前半)Q1:日本のセンターパスにより試合が開始される。4分、サークル内の反則からPCを奪われると、直接ヒットシュートを右下に決められ先制される。日本は、立ち上がりからパス回しが安定せずミスが目立つ。チャンスになったかに思われたボールを何回もカットされ自陣深くまで攻め込まれた。15分、日本は、再びアメリカにPCを奪われるが、錦織のクリアーにより追加点を許さない。Q2:17分、右側を崩されサークル内をゴール近くまで、まわり込まれるが粘り強く対応する。18分、サークル内に侵入されシュートされるが浅野(GK)の好セーブにより追加点を許さない。19分にもPCを奪われるが、何とかピンチを凌ぐ。25分、敵陣でカットしたボールを中島から永井友理につながりチャンスを迎えるが、相手GKに阻まれ得点することができない。逆に13分にPCを奪われ、2点目を失点し前半が終了。
(後半)Q3:アメリカのセンターパスにより試合が開始される。中盤でのポゼッションが高まらない日本は、くり返しアウトレットコントロールからボールを奪う為、全体で声をかけあい修正しようとするが、なかなか機会に恵まれない。35分、日本は敵陣で奪ったボールからカウンターを仕掛けチャンスメイクするが、アメリカの粘り強い守備に得点をあげることができない。Q4:中央から瀬川がドリブルで突破し永井友理へパスが通ると、このチャンスを永井友理が、シュートするが枠をとらえることができない。52分:サークル内の反則によりPCを奪われると、一度は防ぐものの再びPCとなる。このPCをパッサーに返され3点目を奪われる。55分、日本はサークルトップのFHを早戸、中島と早いリスタートでつなぎ中島がシュートするが得点することができない。その直後、カウンターとなりピンチを迎える。サークルトップからシュートされたボールをGK浅野が落ち着いて処理する。57分、23m付近からサークル内へ打ち込んだボールが相手の足にあたりPCを取得。このチャンスに永井葉月が直接シュートするが枠をとらえることができず0-3のまま最終戦が終わり、通算成績1分3敗アメリカとのテストマッチが終了した。最終戦に於いては、3戦に比べポゼッションも高まり、攻撃する機会も多かったが決定力不足が目立ち今後の課題となった。

試合記録・戦評

試合日程

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る