女子日本代表「さくらジャパン」 2015
アメリカ遠征 試合結果のお知らせ

女子日本代表「さくらジャパン」は、2015 アメリカ遠征 (アメリカ・フィラデルフィア) のフレンドリーマッチで、ナショナルチームの数名と若手選手のディベロップメントチームと対戦し、 3-1 で勝利しました。

試合結果

試合№.5  23:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
アメリカ合衆国
3 1

(前半)Q1:アメリカのセンターパスにより試合が開始された。立ち上がり4分、真野(RI)が右側からまわり込み中央へセンタリング。タイミングがあわず得点に結びつかない。6分には、早戸(LI)がサークルトップ付近を左側から右へドリブルで流れながらゴール前へ打ち込む。これをゴール前で待つ河村が受けシュートするが、ゴールの上にはずれる。日本は、7分にも早いリスタートでシュートを放つが得点を奪うことができない。先制点は日本であった。9分PCを取得すると、野村が豪快なヒットシュートをゴール右隅に決め先制。11分、ライト側より突破を許しピンチを招くが、反則によりピンチを脱する。13分にPCを取得するが決まらない。Q2:Q1同様、日本ペースで試合が進む。19分、23m付近を瀬川がドリブルで突破しながら、永井葉月へとボールが渡りシュート。これがリバウンドとなるが枠を捉えることができない。25分、レフトライン際を田中がドリブルで崩しサークルトップ付近で待つ河村へとボールが渡る。このボールを受けた河村が中央をドリブルで突破し、最後はゴール右側で待つ金藤が押し込み2点目をあげる。
(後半)Q3:後半の立ち上がり。西村がライト側からカッティングで中央へドリブルできりこむ。永井友理へラストパスが渡り決定的な場面を迎えたがネットを揺らすことはできない。続く36分にPCを取得。浅井がヒットで左隅に決め3点目を奪う。その後も積極的に攻守に渡しプレーし続ける日本であったが、45分、自陣アウトレットからのミスをアメリカに拾われ失点する。Q4:50分、フルプレスからボールを奪い金藤がシュートを放つが枠を捉えることができない。52分、ライト側を突破されると相手のスティックを叩きPCを奪われる。このチャンスをものにしたいアメリカであるが、ボールが止まらずピンチを切り抜けた。53分、55分と日本はチャンスを作るが決定打にかき追加点が奪えない。57分にもシュートチャンスを迎えるが、相手ディフェンダーにブロックされチャンスを活かすことができない。このまま試合が終了し、フレンドリーマッチは、日本の勝利で終了した。

得点

  • 前半9分 PC – #14 FW 野村香奈 (南都銀行 SHOOTING STARS)
  • 前半25分 FG – #11 FW 金藤祥子 (コカ・コーラウエスト レッドスパークス)
  • 後半1分 PC – #17 DF 浅井悠由 (コカ・コーラウエスト レッドスパークス)

試合記録・戦評

試合日程

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る