女子日本代表「さくらジャパン」 2016
ヨーロッパ遠征 試合結果のお知らせ

女子日本代表「さくらジャパン」は、2016 ヨーロッパ遠征 (イギリス・ビシャム) の初戦で、グレートブリテンに 0-1 で敗れました。

第2戦では、4月30日 (土) 19:30〜 (日本時間) より グレートブリテン と対戦します。

試合結果

試合№.1  23:00 開始
日本
vs
グレートブリテン王国
0 1

ヨーロッパ遠征、フレンドリーマッチ第1戦は、グレートブリテンとの対戦である。

(Q1) 日本のセンターパスにより試合が開始される。立ち上がりは、お互いに激しくプレッシャーをかけあい主導権を握ろうと試みる。日本は、相手のコンタクトにやや苦戦しながらも、ペースをつかまれないよう対応する。2分、ライト側を崩されPCを奪われる。このPCをドラッグで決められ先制される。日本は、相手コートからプレッシャーをかけ攻撃に転じようとするが、チャンスを作ることができない。5分、再びPCを奪われピンチになるが追加点を許さない。

(Q2) 17分、ライト側23m付近のFHをつながれ、サークル中央よりシュートされるがGK大家がセーブする。日本は、自陣からのアウトレットに苦戦し、スムーズにボールが展開できない。21分、カウンターより決定的な場面を作るが、ラストパスが合わず得点を奪うことができない。お互いにサークル付近まで攻め込むが、ミスが目立ち0-1のまま前半が終了する。

(Q3) グレートブリテンのセンターパスにより後半戦が開始される。後半に入り、日本はショートパスとミドルパスを組み合わせ試合の主導権を握る。更に、厳しく相手コートからプレッシャーをかけ試合を優位に展開するが得点を奪うことができない。

(Q4) 更にパステンポをあげる日本は、素早いリスタートでチャンスを作り出そうと試みる。相手をサイドへ寄せてから、サイドチェンジを使いDFラインの裏を狙う。52分、ライト側からチャンスを作り、清水がシュートする。これがPCとなる。このチャンスをものにしたい日本は、林から永井葉月とバリエーションで攻めるがDFに阻まれる。59分にも、相手ボールを奪うと中川から清水へパスが渡りシュートするが決めれない。結局、得点をあげることができなかった日本は0-1で敗れた。

(文責:女子日本代表コーチ 長谷部謙二)

  • PC 数:日本-1、グレートブリテン-4
  • シュート数:日本-3、グレートブリテン-4

試合記録・戦評

試合日程

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る