女子日本代表「さくらジャパン」 2016
ヨーロッパ遠征 試合結果のお知らせ

女子日本代表「さくらジャパン」は、2016 ヨーロッパ遠征 (イギリス・ビシャム) の第4戦で、スコットランドに 3-1 で勝利し、1勝2敗1分となりました。

第5戦では、5月6日 (金) 1:00〜 (日本時間) より フランス と対戦します。

試合結果

試合№.4  03:30 開始
日本
vs
スコットランド
3 1

ヨーロッパ遠征8日目、スコットランドとの第2戦。

Q1 日本のセンターパスにより試合が開始される。開始直後1分、レフトサイドより難しい体勢で柴田ががシュートを放つ。このリバウンドを清水が再びシュートするがGKにはじかれる。2分、ライトからのセンタリングに柴田が反応するが惜しくもゴール左にそれる。7分、9分と連続で真野がシュートするが決めることができない。12分PC、小野から真野を狙うがあわない。

Q2 16分、相手コートのボールを河村が奪いサークルインした所を押し倒されPSとなる。これを永井葉月が左下に決め先制する。その直後、PCを奪われ一度はGK大家がセーブするが、リバウンドに対しての反則をとられPSとなり同点にされる。25分にPCを獲得するがGKにはじかれる。29分、右側から柴田がセンタリング。このボールを受けた野村がシュートしたボールがゴール前へこぼれ瀬川が押し込み2-1で前半を終了する。

Q3 スコットランドのセンターパスにより後半戦が開始される。日本は、前半以上にペースをあげ試合を進める。34分、プレスから奪ったボールをショートパスとダイレクトで相手DFラインを突破しシュートするがGKにはじかれる。その後も、優勢に試合を進めるが追加点が奪えず第4クォーターへ。

Q4 日本は、46分、47分と立て続けにシュートするが枠を捉えることができない。待望の3点目は49分、相手コートで西村がインターセプトし素早く永井葉月へとボールが渡る。更に、前線で待つ中島へボールが入ると、中島が二人をかわし中央から豪快にヒットシュートを決める。その後も、日本ペースで試合が進みチャンスを作るものの追加点は奪えず3-1のまま試合が終了した。この勝利で日本は、通算成績を1勝2敗1分とした。

(文責:女子日本代表コーチ 長谷部謙二)

  • PC 数:日本-2、スコットランド-1
  • シュート数:日本-19、スコットランド-1

得点

  • 16分 PS – #15 MF 永井葉月 (ソニーHC BRAVIA Ladies)
  • 29分 FG – #23 FW 瀬川真帆 (ソニーHC BRAVIA Ladies)
  • 49分 FG – #7 FW 中島史恵 (ソニーHC BRAVIA Ladies)

試合記録・戦評

試合日程

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る