女子日本代表「さくらジャパン」 2016
ヨーロッパ遠征 試合結果のお知らせ

女子日本代表「さくらジャパン」は、2016 ヨーロッパ遠征 の第6戦で、フランスに 6-1 で勝利し、3勝2敗1分となりました。

第7戦も、同じくフランス と5月8日 (日) に対戦します。

試合結果

試合№.6  22:00 開始
日本
vs
フランス共和国
6 1

ヨーロッパ遠征、第6戦は、Saint Germain H.C.に於いてフランスと対戦した。

Q1 日本のセンターパスにより試合が開始される。2分、自陣からスクープで小野から永井友理へとパスが渡り、フリーの中島へパスが入りシュートするがポストにあたる。3分、プレスからボールを奪いシュートするがGKに当たりこぼれたボールを中島がシュートしPSとなる。永井葉月が落ち着いて決め先制する。5分、PCから永井葉月がヒットで決め2点目を奪う。日本は相手コートで激しくプレッシャーをかけ主導権を握る。12分、23m付近より野村が素早くリスタート、サークル内へセンタリングしたボールを中島がタッチシュートし3点目を決める。14分、自陣からのアウトレットのボールが湯田に入る。このままスピードで中盤を突破し、三橋へパスが入りシュートするが惜しくも枠を捉えきれない。15分、23m付近のFHより錦織、小野、及川、浅井とつなぎ、浅井が一人かわしてシュートするがGKにはじかれる。

Q2 16分、中盤から真野、永井葉月、瀬川とMF同士の絶妙なパスワークで突破し瀬川がシュートするがGKにはじかれる。18分、LCからダイレクトで入れたパスを真野、清水と渡り清水がGKをかわしながらシュートを決める。20分、23m付近より前線へ走り込む野村へパスが入る。このパスを野村がダイレクトで永井葉月にはじき、そのまま持ち込み5点目を奪う。永井葉月はハットトリックとなる3点目を決める。25分、サークル内へ持ち込んだボールを柴田が倒れ込みシュート。これがリバウンドとなり湯田がシュートするが枠を捉えられない。27分、サークル内よりクリアーしたボールを拾われシュートされる。これがPSとなり失点する。28分、PCのリバウンドを瀬川が押し込み6点目をあげ6-1で前半を終了する。

Q3 フランスのセンターパスにより後半戦が開始される。日本は、立ち上がりからプレッシャーをかけ、奪ってはゴールを目指すが最終のパスが合わず追加点を奪えない。32分、プレスを突破されスピードあるドリブルで二人がかわされシュートされるがゴールから外れる。フランスは全員が23m内に入り守備を固める。これを突破しようとサイドチェンジやショートパスを組み合わせゴールへ向かうが、粘る守備を崩せず強引なプレーが目立ち始める。38分、小野、林とサイドチェンジしたボールを中盤の湯田へパスが入る。このパスをオーバーラップした浅井へヒットパスで合わせシュートするがサイドネットに当たる。

Q4 第4クォーターに入り、フランスは積極的にドリブルで崩そうと仕掛けてくる。48分、永井葉月、清水、加藤、清水と連続4本のシュートを放つがDFのスティックにあたりゴールを捉えることができない。日本は、全体的に広くポジションを取りスペースを活用しようと試みるが、フランスのプレッシャーにミスが目立ち始める。58分、PCを獲得するが合わすことができず決めることができない。このまま試合が終了し6-1で日本が勝利した。

(文責:女子日本代表コーチ 長谷部謙二)

  • PC 数:日本-5、フランス-0
  • シュート数:日本-21、フランス-2

得点

  • 3分 PS – #15 MF 永井葉月 (ソニーHC BRAVIA Ladies)
  • 5分 PC – #15 MF 永井葉月 (ソニーHC BRAVIA Ladies)
  • 12分 FG – #7 FW 中島史恵 (ソニーHC BRAVIA Ladies)
  • 18分 FG – #19 FW 清水美並 (ソニーHC BRAVIA Ladies)
  • 20分 FG – #15 MF 永井葉月 (ソニーHC BRAVIA Ladies)
  • 28分 PC – #23 FW 瀬川真帆 (ソニーHC BRAVIA Ladies)

試合記録・戦評

試合日程

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る