女子日本代表 (世界ランク=WR11位) は、ホークスベイ カップ グループリーグ第5戦で、アメリカ (WR6位) に 1-4 で敗れ、2勝3敗 (勝ち点6) となりました。

第6戦は4月8日 12:00 (日本時間) よりオーストラリア (WR4位) と対戦します。

今後の試合全て【ネットライブ中継】(https://www.facebook.com/FestivalofHockey/)にてご覧いただけます。

試合№.9 ヘースティングズ 12:30 開始
日本 vs アメリカ合衆国
1 - 4

試合記録・戦評

2017 Hawke’s Bay Cup 予選リーグ(第5戦)、日本はアメリカ(WR6)と対戦し1-4で敗れ予選リーグ2勝3敗となった。

第1Q、アメリカのセンターパスにより前半戦が開始される。立ち上がり早々の4分、レフト側サークル付近のFHから、逆サイドに通され失点する。6分、#6内藤のセンタリングを#20西永がシュートするが枠を捉えることができない。10分にも再びチャンスを作り、#14清水からサークル内で待つ#15永井にボールが渡りシュートするが決めることができない。11分、PCを取得しチャンスを迎えるが決まらない。逆に13分、PCから追加点を奪われる。

第2Q、日本は早いテンポでパスをつなぎ相手コートに侵入を試みる。逆に、アメリカは高い位置で積極的にプレッシャーをかけ追加点の機会を伺う。その後、お互いに一歩も譲らない激しい中盤での一進一退の攻防が続く。25分、日本はPCを取得する。このチャンスに#3浅井が中央からシュートするが、GKにセーブされる。28分、PCを取得されるがGK#1景山がセーブする。0-2のまま前半戦を折り返す。

第3Q、34分、日本は自陣でボールを奪われ、早いテンポでサークルに侵入されシュートを許す。GK#1景山が反応するが、クリアーミスでPCを奪われる。このピンチを守りきる。なんとか一点が欲しい日本は、強引に攻撃を仕掛けたところを逆に奪われ攻め込まれる。40分、一瞬の隙を突かれ中央からドリブルで崩され追加点を許す。

第4Q、3点のビハインドを追う日本。意地を見せたいところだが、尚も苦しい時間が続く。51分、自陣のミスからボールを奪われ、素早いパス回しからサークルに侵入を許すと、DFのファウルによりPCを奪われ4点目を決められる。その直後、日本は意地を見せる。ダイナミックなボールまわしから、右サイド#4八木がオーバーラップでチャンスメイク。右サイド23m内フリーヒットから、#5高田、#7一谷へとボールを繋ぎ、サークルトップ中央に入れたボールを#8真野がダイレクトシュート。ゴール左隅に豪快に決め1点を返すが、そのまま1-4で試合が終了する。

(文責:女子日本代表コーチ 長谷部謙二)

得点

  • 53分 FG – #8 MF 真野 由佳梨(ソニーHC BRAVIA Ladies)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る