女子日本代表 (世界ランク=WR11位) は、オーストラリア4カ国大会 初戦で、アメリカ (WR4位) に 0-0 で引き分け、勝ち点1を獲得しました。

第2戦は11月9日 14:30 (日本時間) より オランダ (WR1位) と対戦します。

試合№.1 メルボルン 13:00 開始
日本 vs アメリカ合衆国
0 - 0

試合記録・戦評

第1Q、アメリカのセンターパスで試合が始まる。日本は、試合開始からチーム全体でハイプレッシャーをかけにいくが、相手は#5GONZALEZと#9VITTESEを中心に粘り強くプレーを展開する。日本は、マイボールでゲームをビルドアップしていきたいが、中々ボールが手につかない。両チームとも決定的なチャンスもなくこのクオーターが終了する。
第2Q、日本も徐々にプレスから流れを引き寄せ、チャンスを作る。日本は、22分にPCを獲得、#11野村がドラッグフリックでGKのスティックサイドを狙うが、わずかに枠を外れゴールにならず。その後も、日本は何度か決定的なチャンスを作るがゴールを決めることができない。その後、USAが日本のサークル近くでボールを奪い、決定的なチャンスを迎えるが日本のDFとGKの好守により得点を許さない。
第3Q、日本は持ち前のスピードを生かし、随所に自分たちらしさを発揮し始める。徐々に、プレスでUSAを圧倒し始め、多くのチャンスを作るものの、それを結果に結びつけることができない。
第4Q、何としてもゴールが欲しい日本は、開始からUSAにハイプレッシャーをかけて、チャンスを作る。サークルにも多く入るが、最終プレーに精彩を欠く。55分には、アメリカがPCを獲得するが、日本のDF陣が固く守り、得点を許さない。その後、日本は最後まで自分たちの流れで試合を進めるが、結局、ゴールを割れず、0−0の引き分けに終わる。

(文責:女子日本代表コーチ 飛田尚彦)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る