U16 女子日本代表 Hockey WA F-H-E カップ (2017/パース)
試合結果のお知らせ

U16 女子日本代表は、オーストラリア・パースで開幕中の Hockey WA F-H-E カップ 準決勝 (現地時間 11月25日 13:00~) で KLSS (マレーシア) に 0-1 で敗れました。

日本は3位決定戦に進み、11月26日 10:20~ (現地時間) より SSWA (オーストラリア) と対戦します。

試合戦評

KLSSのセンターパスにより試合が開始された。今までの相手よりも、JPNのホッケースタイルに似ている相手との対戦となった。KLSSはスピードとテクニックで攻め上がり、JPNは粘り強いDFで応戦する。KLSSが優勢にボールを支配し、KLSSの攻撃を阻もうとする#3團野が激しくチェックにいくとGカードをもらい、数的不利な状況となる。激しい攻防が続く中、DF#5沼田が積極的にインターセプトを狙い、ピンチを回避する。JPNは幾度とシュートを放つも、得点を挙げることができない。20分に#7林の早いリスタートからPCを獲得。#8菊地の強いヒットシュートを放つも、決めきれず。互角の戦いが続き、0-0のまま前半戦終了。

後半戦に突入し、KLSSの猛攻は続くがJPNの粘り強いDFがサークルに侵入させない。28分に#9大嶋が相手の足元を狙いPCを獲得するも、ゴールに嫌われ、先制点をあげることができない。36分、相手にレフトサイドからスピードにのったドリブルでサークルに切り込まれ、シュートを決められ0ー1とされる。早く追いつきたいJPNは果敢に前からプレスをかける。38分に#16村山が前線で激しくチェックにいくとGカードをもらってしまう。ペナルティから戻った#16村山が#17鈴木と飛び出て、2人で崩していき#17鈴木がシュートまで持ち込むが相手GKに阻まれる。その後も幾度とチャンスをつくるがものにすることができない。トータル12本のシュートを打つも決めきることができず、0ー1で敗戦した。
明日の3位決定戦に向けて気持ちを入れ替えて臨みたい。

文責:女子U16コーチ  徳光 寿

試合記録・戦評

試合日程・結果

U16 女子日本代表 試合結果一覧

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
ページ上部へ戻る