U16 女子日本代表は、オーストラリア・パースで行っている「F-H-E カップ (2018/パース)」の第5戦で、WA REGIONAL (オーストラリア) に 3-0 で勝利し、5勝 (勝ち点15) となった日本はグループリーグを 1位で通過しました。

準決勝は11月25日 15:30 (日本時間) より WA WHITE (オーストラリア) と対戦します。

試合№.5  9:30 (日本時間) 開始
日本 vs WA WHITE
3 - 前半 1-0
後半 2-0
0

3分、左サイドから#7柴田が右にドリブルで持ち込みシュート。さらに#15佐々木がDFのボールを前線でカットし、シュートするが、枠をとらえることができない。また#18田渕が得意の右抜きからセンタリングで攻撃を仕掛ける。17分、左サイドから#17北村がセンタリングして#15佐々木がタッチするも、GKに止められる。その後も、MFを中心に、サークル内にボールが集めるが、相手GKにセーブされ、決めきることができない。22分、#7柴田が右サイドからセンタリングを通し、#9大塚がダイレクトでシュートを決め、先制点をあげ1-0とし、前半が終了する。

後半開始早々、DFの展開したボールを相手FWにカットされ攻められる。30分には相手選手にサークルに持ち込まれ、PCを取得される。ヒットシュートを打たれるが、DFの#5加藤がはじき出し、コーナーとなる。33分、#8米山からボールを受けた#16渡辺が右からサークルインし、ヒットシュートで追加点をあげ、2-0とする。WA REGIONALのカウンターでGKと1対1の場面を迎えるも、GK#12山内の素晴らしいセービングでシュートを打たせない。38分、#4山蔵から#15佐々木、#18田渕につなぎ、#18田渕がゴールに押し込み3-0とする。その後も、#6石川、#11山内、#15佐々木らが追加点を狙い攻めあがるが、3-0のまま試合が終了した。
予選リーグ5戦5勝でグループリーグ1位通過した。

(文責:女子U16コーチ 森田江里)

得点

  • 22分 FG - #9 大塚みなみ (各務原市立稲羽中学校)
  • 33分 FG - #16 渡辺友香 (越前町立朝日中学校)
  • 38分 FG - #18 田渕美羽 (八頭町立八頭中学校)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る