U16 女子日本代表は、オーストラリア・パースで行っている「F-H-E カップ (2018/パース)」の決勝で、SSWA (オーストラリア) に 1-0 で勝利し、日本は今大会優勝で終えました。

試合№.7  14:00 (日本時間) 開始
日本 vs SSWA
1 - 前半 1-0
後半 0-0
0

 2分、右攻撃で#14若狭、#7柴田、#15佐々木とボールを繋ぎ、サークルインするが、チャンスをいかすことができない。3分、自陣に攻め込まれるがGK#1内田がDF陣に指示をだし、#3田村、#5加藤が安定した守備をみせる。8分、#7柴田がドリブルで相手DFをかわし、サークル内の#11山内にボールを送り、逆サイドで待っていた#9大塚がパスを受けて押し込み先制点をあげ1-0とする。17分、#7柴田の早いリスタートで相手DFのファールを誘いPCを取得するが、追加点をあげることができない。#7柴田、#18田渕、#9大塚が攻撃を仕掛けるが、1-0のまま前半が終了した。

 後半は、一進一退の攻防が続く。32分、相手の速い攻撃に対応できず、#5加藤がグリーンカードをもらう。数的不利になったJPNは全員で声を掛け合い、ピンチを守り切る。15分、#6石川、#9大塚、#15佐々木と繋ぎ、PCを取得するが、パッサーからのボールがずれ、#15佐々木がシュートを打つが、決めきることができない。42分以降SSWAは、JPNの前線からのプレスをスクープでかわし、JPN陣地に攻め込む。攻め込まれたJPNのDFにも焦りが見えたが、ベンチ内の選手も全力で鼓舞し続け、18人全員で戦い抜き1-0のまま試合が終了し、優勝を果たした。

(文責:女子U16コーチ 森田江里)

得点

  • 8分 FG - #9 大塚みなみ (各務原市立稲羽中学校)

最終結果

  チーム
優勝  日本
準優勝  SSWA (オーストラリア)
3位  WA GREY (オーストラリア)
4位  WA WHITE (オーストラリア)
5位  CIRIELLO (オーストラリア)
6位  WA REGIONAL (オーストラリア)

関連情報

関連記事

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る