女子 U18 代表 2013 日本・オーストラリア交流戦
試合結果のお知らせ

U18 女子日本代表 (ユース) は、2013 日本・オーストラリア交流戦 (オーストラリア・キャンベラ) の第2戦で 3-4 で敗れました。

試合結果

試合№.2  18:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
オーストラリア
3 2 前半 1
1 後半 3
4

(前半) 日本のセンターパスによりゲームが開始。昨日のゲームと同様に立ち上がりオーストラリアペースで試合は進み、日本は苦しい立ち上がりとなる。10分過ぎた頃から徐々に日本のペースとなる。14分日本は、#7松本からのパスを受けた#15河村がGKをかわし正面からヒットシュート、昨日に続き先制する。17、18分にも立て続けにチャンスを得るが、追加点が奪えない。22分、#15河村からのリスタートボールを#7松本が受け、サークル内でDFをかわし、リバースシュート。これが豪快に決まり、追加点を挙げる。両チームめまぐるしくメンバーチェンジを行う中、26分オーストラリアはPCを取得。#8TAYLOR Sophieのヒットシュートがストレートに決まり、オーストラリアが1点を返す。その後もオーストラリアの猛攻が続くが、日本DF陣の落ち着いた守りに、追いつくことができず、日本リードで前半を終了。

(後半) 後半に入っても立ち上がりからオーストラリアの猛攻は続く。39分混戦のボールを#13WATTERSON Jessicaに押し込まれ、同点とされる。続く47分右から持ち込まれ、このボールに#14STEWART Graceが合わせ、逆転される。さらに、54分には、中央からドリブル突破され、#13WATTERSON Jessicaにヒットシュートを決められ、引き離される。日本チームはあきらめることなく攻撃のチャンスを伺い、56分右からのリスタートボールを#7松本が#15河村に繋ぎタッチシュートが決まり、1点差とする。その後はオーストラリアの猛攻が続くが、日本DF陣の粘り強いDFで追加点を許さず試合は終了。4-3でオーストラリアが勝利し、2勝目を挙げた。

※シュート数:日本- 12、オーストラリア- 10

※P C 数:日本- 3、オーストラリア- 2

※通算戦績:2戦中(0勝2敗)

得点

  • 前半 14分 河村 元美 FG (大阪府:羽衣学園高校)
  • 前半 22分 松本 夏波 FG (滋賀県:伊吹高校)
  • 後半 21分 河村 元美 FG (大阪府:羽衣学園高校)

公式試合記録

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る