女子 U18 代表 2013 日本・オーストラリア交流戦
試合結果のお知らせ

U18 女子日本代表 (ユース) は、2013 日本・オーストラリア交流戦 (オーストラリア・キャンベラ) の第3戦で 2-1 で勝利しました。

試合結果

試合№.3  14:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
オーストラリア
2 1 前半 1
1 後半 0
1

(前半) 日本のセンターパスによりゲームが開始。立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、徐々に日本ペースで試合は進む。日本は、14分、17分、18分、19分と立て続けにシュートチャンスを得るも、決めきることができず、先制できない。26分を過ぎるとオーストラリアペースで試合が進みだす。28分オーストラリアはPCを取得するも、日本GK#1中村の好セーブで得点を許さない。その後も再三のピンチを日本DF陣は組織でしのぎ、速攻から反転チャンスを伺う。34分、日本は速攻の後、オーストラリアリスタートボールの処理をDFが誤り、GKと1対1となる。このボールを#13WATTERSON Jessicaに決められ、先制を許す。対する日本は35分、PCを取得。#3浅井のヒットシュートのリバウンドを#15河村が押し込み同点とする。

(後半) 後半に入ると立ち上がりオーストラリアは猛攻を仕掛ける。しかし、日本DF陣も必死のDFを見せ、シュートを打たせない。その後は一進一退の攻防が続く。52分、日本は、#3浅井からのリスタートボールがトップの#15河村につながり、河村がオーストラリアDFをスピードで振り切り、そのままシュート。ゴールに吸い込まれるように決まり、逆転する。その後はオーストラリアの猛攻を受けるが、勝利への執念で守りきり、試合は終了。2-1で日本が初勝利を挙げる。
U18代表との試合で日本チームがオーストラリアチームに勝利した記憶は久しくなく、貴重な勝利となった。

※シュート数:日本- 13、オーストラリア- 9

※P C 数:日本- 3、オーストラリア- 2

※通算戦績:3戦中(1勝2敗)

得点

  • 前半 35分 河村 元美 FG (大阪府:羽衣学園高校)
  • 後半 17分 河村 元美 FG (大阪府:羽衣学園高校)

公式試合記録

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る