女子 U18 代表 2013 日本・オーストラリア交流戦
試合結果のお知らせ

U18 女子日本代表 (ユース) は、2013 日本・オーストラリア交流戦 (オーストラリア・キャンベラ) の最終戦で 1-2 で敗れ、通算1勝3敗となりました。

試合結果

試合№.4  10:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
オーストラリア
1 0 前半 0
1 後半 2
2

(前半) オーストラリアのセンターパスによりゲームが開始。立ち上がりオーストアリが速攻を仕掛けるも、#2南の好セーブで得点を許さない。その後は一進一退の攻防が続く。日本は、7分#15河村、8分#7松本、14分#11小寺、15分#11小寺と決定的なシュートチャンスを得るも、オーストラリアGKの好セーブに先制することができない。対するオーストラリアも、11分、16分、27分とシュートを放つも日本DFの陣の必死の守りを崩すことができず、得点にはいたらない。

(後半) 後半に入り、39分日本はPCを取得。このPCを#3浅井がストレートに決め、待望の1点を挙げる。最終戦、負けられないオーストラリアは猛攻に出る。40、41、42分と立て続けにシュートを放つも、日本GK#1中村の好セーブで得点を許さない。その後もオーストラリアの猛攻は続き、48分オーストラリアはPCを取得。このボールをバリエーションから#10HAYES Gretaが決め、同点とする。60分を過ぎると日本も猛攻を仕掛け、シュートチャンスを得るも決めきることができず、追加点が奪えない。このまま試合が終了するかと思われた70分、オーストラリアはPCを取得。このシュートが決まり、オーストラリアが追加点を挙げ、試合が終了。1-2でオーストラリアが勝利し、日本は最終戦を勝利で飾ることができなかった。
日本は通算1勝3敗でこの大会を終えた。

※シュート数:日本- 11、オーストラリア- 13

※P C 数:日本- 1、オーストラリア- 4

※通算戦績:4戦中(1勝3敗)

得点

  • 後半 4分 浅井 悠由 PC (大阪府:羽衣学園高校)

公式試合記録

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る