U18 女子日本代表日韓交流戦の試合結果のお知らせ

U18 女子日本代表日韓交流戦の試合結果のお知らせいたします。

U18 女子日本代表 (ユース) は、2014 日韓交流戦 (韓国・東海市スポーツタウン) で、 1-5 で敗れ、0勝2敗となりました。

試合結果

場所 東海市スポーツタウン

第2戦 11月26日(水) 14:00~
公式試合記録・戦評 [2014.11.26 更新]

試合戦評

第2戦は、中高連絡会の会長さんを初めとする韓国協会関係者の観戦の試合となった。昨日の初戦の反省に基づき、午前中の練習で修正を加え、第2戦に挑んだ日本は立ち上がりから積極的に韓国陣内に攻め込み3分、4分、9分、12分とシュートチャンスを得るも、ラストパスが合わず、先制することができない。徐々に韓国ペースとなり、13分、15分とシュートチャンスを得るが、日本DF陣の粘りに1点が奪えない。20分韓国はPCを取得。#2KIMが豪快にプッシュで決め、先制する。その直後21分、#7MOONに左サイドをドリブルで突破され、2点目を失う。日本は気持ちを切り替え、果敢に攻める。22分、28分、33分、34分とシュートチャンスを得るが、シュートの精度が悪く、どうしてもゴールすることができない。後半に入っても、日本の攻撃は続く。立ち上がり、20秒でPCを取得。しかし、3人の呼吸があわず、1点を返すことができない。その後も、41分に#17沖原がフリーシュートを放つも得点には至らない。46分、48分と立て続けに3本のPCを取得するも決めきることができない。53分、日本はサークルトップのFHを#4坪内-#15的場-#8森と繋ぎ、1点を返す。追いつきたい日本はその後も攻撃を仕掛けるが、57分韓国は速攻から#10INがフリーシュートを決め、日本を引き離す。その後は一進一退の攻防が続くが、65分韓国はPCから#5LEEがストレートにヒットシュートを決め4点目を挙げる。さらに、68分韓国BHがスクープで直接トップの#11YANGに繋がり、GKと1対1となり、フリーシュートが決まり、5点目を挙げる。終了間際に日本はPCを取得するも韓国DFの粘りに得点することができない。試合は結局5-1で韓国が勝利し、2勝目を挙げた

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る