U18 女子日本代表 日韓交流戦 初戦結果のお知らせ

U18 女子日本代表 (ユース) 日韓交流戦 初戦結果のお知らせします。

U18 女子日本代表は、2015 日韓交流戦 (岐阜県グリーンスタジアム) で、 2-3 で敗れました。

試合結果

場所 岐阜県グリーンスタジアム

初戦 11月25日(水) 14:00~
公式試合記録・戦評 [2015.11.25 更新]

試合戦評

韓国のセンターパスにより試合が開始される。第1ピリオド10分、13分と韓国がPCを取得。GK#1田中の好セーブにより得点することができない。その後は一進一退の攻防が続き、0-0で終える。 第2ピリオドに入り、 先制点をあげたい日本は17分、PCを取得。#3片倉のプッシュシュートが右上段に決まり先制点を上げる。同点に追いつきたい韓国は、17分 #16番MUNが強烈なヒットシュートを放ち、一番騎に当たるもゴールに突き刺さり、1-1の同点となる。 第3ピリオドに入り、44分韓国の素早い右攻撃からゴール前に持ち込み、混戦の中、#8 KWONが倒れこみダイレクトスイープシュートで追加点を挙げ1-2と逆転する。さらに激しい猛攻が続く。45分韓国はPCを取得。GK#25高橋の好セーブにより追加点をあげることができず、1-2で終了。 第4ピリオドに入り、追いつきたい日本は猛攻を仕掛け48分、右から#15尾本-#17西尾とゴール前にパスをつなぎ倒れこみながらシュートをするが追加点をあげることができない。53分韓国 #6 LEEが左からの攻撃によりリバウンドシュートを決め、1-3と引き離す。48分、日本はPCを取得。#8早戸がシュートするが韓国GK#21 KIMの好セーブにより得点することができない。57分、日本はPCから#17 西尾のプッシュシートが左下段に決まり2-3となる。追いつきたい日本は、最後まで追加点を狙うがそのまま試合終了となる。

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 SOMPOアセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る