U18 女子日本代表は、AHF アジアカップのグループリーグ第3戦 (グループB) でタイと対戦し、 9-0 で勝利しました。2勝1敗(勝ち点6)となった日本はグループBを2位で通過しました。

日本は、12月21日 19:45 (日本時間)より 準決勝でインドと対戦します。

試合№.12 バンコク 22:00 開始
日本 vs タイ王国
9 - 0

試合記録・戦評

日本のセンターパスで試合は開始。立ち上がりから日本が優勢にゲームを進める。3、4分とPCを取得するも先制することができない。その後も攻め続けるが、地元の大応援団の声援を受け、粘り強いDFを見せるタイに対し、得点することができない。23分右サイド#4鈴木からのリスタートボールを#13小林愛、#14田村と繋ぎ、ゴール前の混戦から#15小林久がプッシュで決め先制する。リズムの出た日本は、29分PCから#5浦田のドラッグシュートが決まり、追加点を挙げる。31分相手のリスタートボールを#17高島がカットし、ドリブルでサークル内に持ち込み、#18小早川にパス。このボールをリバースヒットシュートで決め、リードを広げて前半を終える。

後半に入っても、日本の猛攻は続き、37分コート中央付近から#12島田が右サイドをドリブルで仕掛け、#9的場にパス。このボールをサークル内でフリーの#14田村へ繋ぎ、タッチシュートが決まる。攻撃の手を緩めない日本は、41分#14田村がリバウンドを決め5点目を挙げる。さらに、45分PCから#4鈴木、48分#8尾本桜タッチシュート、55分PCから#3山根、70分#16田中が決め、試合は終了。9-0で勝利。通算成績を2勝1敗としB組2位となる。

(文責:U18 女子日本代表コーチ 長尾美和・髙橋祥子)

得点

  • 23分 FG – #15 FW 小林久留海 (福井県立丹生高等学校)
  • 29分 PC – #5 DF 浦田果菜 (羽衣学園高等学校)
  • 31分 FG – #18 FW 小早川志穂 (島根県立横田高等学校)
  • 37分 FG – #14 FW 田村綾菜 (岩手県立不来方高等学校)
  • 41分 FG – #14 FW 田村綾菜 (岩手県立不来方高等学校)
  • 45分 PC – #4 DF 鈴木美結 (岐阜県立岐阜各務野高等学校)
  • 48分 FG – #8 MF 尾本桜子 (山梨学院大学)
  • 55分 PC – #3 DF 山根麻衣子 (鳥取県立八頭高等学校)
  • 70分 FG – #16 FW 田中香帆 (岐阜県立岐阜各務野高等学校)

LIVE中継

がんばれ!ホッケー女子 U-18 日本代表 in THAILAND

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る