第27回 ユニバーシアード競技大会 (2013/カザン)
U21 女子ホッケー日本代表 試合結果のお知らせ

U21 女子日本代表は日本時間12日、ユニバーシアード競技大会の第3戦で韓国と対戦し 0-4 で敗れ、通算1勝2敗・勝点3となりました。

最終戦となる3位決定戦は、7月14日21時 (日本時間) よりベラルーシと対戦します。

試合結果 (日本時間)

試合№.3  21:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
韓国
0 0 前半 2
0 後半 2
4

第27回ユニバーシアード競技大会第3戦は韓国との対戦である。

(前半)日本が決勝進出するためには勝利が必須条件であった試合は、日本のセンターパスから開始される。プレッシャーのためか、日本はパスミスの連続から韓国にチャンスを与えてしまう。韓国はこのチャンスを見逃す事なく前半5分にPCを取得し、#9HANが右側のタッチシュートで先制する。対する日本は、9分にPCを取得。しかし、#8浦島の左側のタッチシュートは僅か右に外れる。その後、韓国ペースで試合が進む。韓国は22分に取得したPCを、再び#9HANがヒットシュートでリバウンドを決め2-0とする。日本も懸命に攻め上がろうとするが、シュートチャンスには持ち込めないまま0-2で前半を折り返す。

(後半)後半も韓国は攻撃の手を緩めず、日本ゴールを脅かす。40分に故意のインターフェアで日本#4山下にグリーンカードが与えられる。韓国はその再会プレーからゴール前で待ち構えていた#14CHOにフリーヒットを合わせ、タッチから得点し3-0とリードを広げる。さらに、47分日本の守備者が相手FWを背後からプッシングの反則と判定されPSが与えられる。韓国#10CHOが冷静にPSを決め、試合を決定づける4点目となる。日本も必死前に攻撃を仕掛け、23分にFS、26分にPC、さらに28分と30分にFSのチャンスを得るが、得点する事ができず、大会中に課題となっていた決定力不足が最後まで改善できないまま試合終了となる。

この結果によって、日本は1勝2敗(勝点3)となり、3位決定戦でベラルーシと対戦することになった。

得点

  • なし

戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
ページ上部へ戻る