第27回 ユニバーシアード競技大会 (2013/カザン)
U21 女子ホッケー日本代表 試合結果のお知らせ

U21 女子日本代表は日本時間14日、ユニバーシアード競技大会の3位決定戦でベラルーシと対戦し 3-1 で勝利し4ヶ国中3位となりました。

決勝では韓国がロシアを5-1で破り優勝しました。

試合結果 (日本時間)

試合№.4  21:00 開始 公式試合記録 公式試合記録 PDF
日本
vs
ベラルーシ
3 0 前半 1
3 後半 0
1

第27回ユニバーシアード競技大会3位決定戦はベラルーシとの対戦である。

(前半)予選リーグでは日本が4-0で快勝したものの内容的に互角なゲームであったベラルーシとの3位決定戦は、日本のセンターパスから開始される。日本は積極的に前に出る姿勢を見せるが、2分ベラルーシのカウンター攻撃から#16KULIINKOVICHにゴール前からプッシュシュートを決められ、いきなり0-1で試合を追う展開となる。日本はいままでの試合になかった積極的な前へのドリブルからベラルーシのゴールを何度も脅かすが、押し切れない。26分にPCのチャンスを得るが、フリックシュートがGKに阻まれる。日本が攻めながらも追いつけない流れで前半を0−0で折り返す。

(後半)後半も日本が積極的に攻め上がるが、ベラルーシは体を張ったディフェンスで、得点を許さない。カウンター攻撃から2点目を狙ったベラルーシは 分にPCを取得するが、追加点を奪われると絶望的な展開になってしまう日本は、必死にゴールを守り切る。日本が一方的に攻め続けるが同点ゴールをなかなか奪えないまま時間が過ぎて行く。61分、日本は右攻撃からゴール前でフリーになっている#12西村にボールがつながり、やっと同点ゴールが決まったと誰もが思ったがベラルーシのGKがゴールライン際のところで、ボールを止める。嫌な流れの中で66分に右斜めからの#6義浦のセンターリングが相手選手に当たってゴールの中に吸い込まれ1-1と振り出しに戻った。このゴールによって目を覚めた日本は、大会中に課題になっていたFGからの得点力不足を最後の最後に改善ができ、67分#15永井がドリブルで相手のDF、GKと交わしてプッシュシュートを決め2-1と一気に逆転に成功する。さらに、ベラルーシがそのショックから立ち直る前に、右からの回り込みのボールを、#12西村がゴール前で押し込み試合を決定づける3点目を取る。そのまま試合は終了となり、攻めながら苦戦だった日本が最後に力を発揮し、第3位の銅メダルを勝ち取った。

得点

  • 後半31分 オウンゴール
  • 後半32分 FG・MF#15 永井友理 (ソニーHC BRABIA Ladies)
  • 後半34分 FG・FW#12 西村綾加 (コカコーラ・ウエストレッドスパークス)

戦評

以上

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る