U21 女子ジュニア日本代表 は、韓国 仁川で行っているフレンドリーマッチの第3戦で、韓国 (U21) に 1-0 で勝利し、通算2勝1敗となりました。

最終戦は2月26日 10:00 より 韓国 (U21) と対戦します。

試合№.3  14:30 開始
日本 vs 韓国 U21
1 1Q 0-0
2Q 1-0
3Q 0-0
4Q 0-0
0

第3戦 試合記録・戦評 [2019.2.26 更新]

第1Q 通算成績1勝1敗で迎えた第3戦、ホームで負けられない韓国は、第1Q開始から日本陣内へ猛攻を仕掛ける。韓国は2分、アウトレットのボールをセンターで受け、ワンツーでサークル右から侵入、リバースシュートを放つがゴール右に外れる。さらに7分サークルトップからドリブルで右に流れながらシュート、これはDFの身体に当たりハイボールの判定で難を逃れる。12分には#5浦田にグリーンカードが出され、さらに苦戦を強いられる。15分には韓国にPCが与えられる。ゴール左側でタッチを狙うが、#2GK青木の好セーブで得点を許さない。結局日本はサークルに入ることができずに第1Qが終了する。

第2Qに入っても韓国の勢いは止まらない。16分に#4鈴木にグリーンカードが出されると、17分にはフィールド中央からサークル内に強いボールを打ち込みタッチシュート、しっかり枠を捉えるが#3GK中島の好セーブで日本ゴールを死守する。すると日本は徐々に攻撃のリズムをつかみ、23mへの侵入が増えてくる。26分には日本がPCを獲得、これを#28松本がフリックシュート、ゴール右隅に突き刺さり、日本が先取点を挙げる。その後韓国が攻め込むものの日本が守りきり、1−0で前半を折り返す。

第3Q 先制点を挙げた日本は、ハーフタイム後からより勢いを増してくる。35分に相手のアウトレットをカットした日本は、#21小早川がサークル内右サイドを回り込み、ゴール前の#19深田に低空パス。惜しくもシュートには至らなかったが絶好のチャンスを作り出す。韓国も追いつこうと必死の攻撃を仕掛けるが、落ち着いた日本DFの前にサークルに入ることができない。縦のドリブルに勢いがなくなった韓国は、打ち込みを中心に日本サークル内を狙うものの、タイミングが合わずに得点機を作り出せない。

第4Q どうしても得点の欲しい韓国であるが、徐々に疲れが見え始める。46分日本はPCを獲得すると、#19深田がシュートするがGKに弾かれる。48分、韓国のロングパスがサークトップにつながると、キーパーをかわすもその後のシュートを打ちきれず得点には繋がらない。その後も韓国はボールポゼッションは高いものの、日本の守備陣を崩すことができず、23m内に入ることができない。日本は57分相手アウトレットをカットすると#18立岩がリバースシュート、相手DFの反則を誘いPCを獲得する。これを浦田がゴール右下にドラッグシュート、惜しくもGKに阻まれる。その後も日本が安定した守備で守り抜き、1−0で2勝目を挙げた。

(文責:久我 晃広 校閲:小林 和典)

得点

  • 26分 PC – #28 DF 松本 愛理 (伊吹高校)

関連情報

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る