日本のホッケー界に明るいニュースが飛び込んできました。FIH(国際ホッケー連盟)は、ホームページを通じて、今年最も活躍した選手(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)と、今年最も活躍した若手選手(ヤングプレーヤー・オブ・ザ・イヤー/1986年以降に生まれた選手が対象)の候補選手をそれぞれ6名ずつ発表しました。このうち、ヤングプレーヤー・オブ・ザ・イヤーの候補の中に、ソニー・一宮BRAVIA Ladiesの中川未由希選手が選ばれました。
中川選手、本当におめでとうございます。お祝いと同時にこれまでの努力に敬意を表します。ヤングプレーヤーにノミネートされたのは、アジアでは中川選手のみ。日本のスポーツ界にとっても非常に晴れがましい、誇らしい出来事です。
この後、それぞれ6名の中から1名がベストプレーヤーに選ばれます。男子も同様にそれぞれ1名ずつ選ばれます。男女合計4名のベストプレーヤーは、現在、オーストラリアのメルボルンで開催されている、男子のチャンピオンズ・トロフィー大会の期間中に行われるパーティの中で発表され、同時に表彰式も執り行われる予定です。
なお、日本からは、過去にも千葉香織選手がプレーヤー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされています。
関係情報はこちら[国際ホッケー連盟ホームページ]

関連記事

ダイヤモンドパートナー

ゴールドパートナー

オフィシャルスポンサー

SOMPOケア株式会社 株式会社 高島屋 花王株式会社 株式会社 T.F.K キッコーマン株式会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
キッコーマン株式会社
キッコーマン株式会社
ページ上部へ戻る