2013年 新年あけましておめでとうございます。

日本ホッケー協会 会長 吉田東日本大震災復興の最中、日本を含め世界のリーダーが代わる大きな節目の年となった昨年、日本ホッケー界を挙げて取り組んで参りました「ロンドン五輪男女アベック出場」の目標は、さくらジャパンの活躍により50%達成に終わりました。岐阜グリーンスタジアムで行われましたロンドンオリンピック世界最終予選の開催を含めまして、皆様のご支援、ご協力にあらためて深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

いよいよ本年は、大変な労力をかけて参りました、「公益社団法人日本ホッケー協会」への移行が4月には果たされます。私たちはこれから、公益法人としてのメリットを享受できると同時に、公益法人として相応しい運営をする義務が発生してまいります。当初は戸惑うこともあるかもしれませんが、日本協会を中心に都道府県協会、所属団体等関係組織と協力して乗り越えて参りたいと思います。皆様のご協力をお願い申し上げます。

さて、私たちは「日本ホッケー栄光への出発(タビ)起(ダ)ち」を進めるため、その中核としてマスターズの更なる発展、更には有資格指導者・審判員・競技役員の育成、一貫指導体制の推進、国際活動の充実、戦略的広報の確立、そしてこれらを支える財政基盤の拡充という様々な課題に、本年も更なる充実と整備に邁進致したく存じます。

本年よりリオデジャネイロという新しいターゲットをそれらに加え、日本ホッケー界悲願の男女アベック出場達成に取り組まなくてはなりません。その為には、これまで以上にチャレンジ精神をもった人材が必要となります。新世代日本ホッケーへの実現は、「明るく 仲良く 元気よし」の組織運営と、次世代を担うチャレンジャーの育成に他なりません。是非とも皆様とともに、更なる一歩を力強く踏み出したく存じます。

ホッケーを愛する皆さんはもとより、日本全国のスポーツを愛されます皆さん、どうぞ日本のホッケー活性化に絶大なる御支援と御鞭撻を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

本年が皆様にとりまして素晴らしい一年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

2013年 元旦

社団法人 日本ホッケー協会
会長 吉田 大士

関連記事

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ジゴスペック
株式会社レジャープロダクツ
ページ上部へ戻る