FIH ジュニアワールドカップ

ジュニアワールドカップは、FIH が主催する21歳以下の国別代表によるジュニア世代世界一を競う大会です。男子は1979年にフランス・ベルサイユで第1回大会が開催され、4年毎に開催されます。日本は、2015年11月にクアンタンで開催されたジュニアアジアカップでのベスト4により出場権を得て、2大会ぶりの出場を果たしました。日本は、1997年のミントンケインズ大会で11位、2009年のジョホールバル大会で13位に終わり、今大会では過去最高位を目指します。

過去10回の大会の内、ドイツは6回制覇しており、オーストラリア・パキスタン・インド・アルゼンチンが各1度づつ優勝しています。3連覇を狙うドイツに対し、開催国のインドや近年ベスト4の常連であるオーストラリアやオランダの活躍が注目されます。

MENU

コンテンツ メニュー

サイト更新情報

ホッケー関連団体

U18 女子日韓交流事業

ダイヤモンドパートナー

オフィシャルスポンサー



キッコーマン株式会社

オフィシャルサプライヤー

MIZUNO
味の素
ページ上部へ戻る